2014年11月9日日曜日

やっほーやっほー。/ In US Colomiers 14/15 01

サイクリングたのしいれす(´ω`
はよ奈良往復プレイしたい。


○FM2015
なんかエラーはきまくって全然進まずで、結局発売日まで放置\(^o^)/
たぶん、原因は手動でフィルタ設定で色々組み合わせてたあたりっぽいが、というかそれしかしてなかったので。

あと、なにかしらプレイする時間が微妙に取れない。このやる気の出なささ歳のせいか。


↓FM2015
○7月。
とりあえず新しいインターフェイス。
いうても、英語ぜんぜん読めてないし、触ったばっかなのでまったくもって間違ってる可能性大なので。その辺よろしく( ・ω・)ノ


・クラブ
就任したFrance3部所属のセミプロチームUS Colomiers。
面接時でも確認されたが3部残留が目標。























この画面は前ので良かったかなぁ。これくらいでこのへんはほぼ変化なし。



監督就任時のホーム。


初めはなじみづらいかなぁ?と思ったが、中の人がWindows左にタスクバー出してるのでその感覚で使えるワーってなもんで、言うほど違和感なくなってきた。

受信箱から世界含むヘッドライン情報、ニュース予約に飛べたりなマイナーチェンジ。


・選手。

おおむね変化なし。文字通り長期休暇とかも選手関連で含まれたくらい。
つーか選手が全然いねぇ(「・ω・)「きびしいっす。



大会画面。さらに右にCL、他Cup戦とか出てくる感じか。どう変化していくのか楽しみだけど、いうほど感慨もないか。



戦術画面。フィルタにポジション/役割/タスクの一まとめされたのが増えた。
あと、相手選手への対応指示がポジション別に前もって指示できるようになったんだけど、一括指示できないのが相当めんどくせい。
試合前に指示する分でも十分だし、と思って練習試合したらこっちも個別設定させられるように。ここはえらい改悪ですわ・・・。

何気にうれしいのは、CBの「プレスをもっと控えろ」の指示がリミテッド以外にも出せること。
このせいでFM2014はセントラル、パサー選ぶと前にガンガンプレス行きやがってライン構築できずで、常にLCB設定だったんだよねぇ。
選手かおおむね中の人戦術が常にハイプレスクソサッカーだっただけかもというのは気にしてはいけない(´ω`

とりあえず、Voavyがチームのコアになりそう、ST2枚だしとかで4-1-2-1-2に一旦設定。
が、架空選手が全部MR,MLだけなあたり、4-4-1-1、4-4-2に修正するかもしれんなぁ。


・スタッフ。

クラブ規模的にはこんなもんすよね。もちろん金などないのですげかえはしませんえん。
選手分と同様で、責務、アドバイス、検索等スタッフ関係はここに集約された。

トレーニング項目はこれまでとあんまり変化内容に思える。監督も指導参加できる程度。



・スカウト

左サイドに割り当て、スカウト知識、予算調整がおかれた。右上のチェックで閉じて選手データ中心にもできる。

ここの一番の変化がスカウト割り当て画面。

Create new assignmentから飛んで項目別でスカウティングができるように。
First team playerでHeadScoutにポジションごとの自チームの選手見たりしながらトップチーム選手を探す。Backupはそのリザーブあたり、Hot prospectはユース、若手有望株っぽい。























色々な条件設定してスカウティングをやってもらう。
実際問題、今までとはやってることは変わらんのだけど、雰囲気と見やすさは良くなったと思いますよ。

んで、Replacementがおもしろい。文字通りに自チーム選手の能力ベースに代わりになる選手を探
してきてもらう用。その場合はその選手の評価、特徴部分を示唆してくれる。
あとは、大会視察と国視察、最後に対戦相手レポート。
そして優先順位がお手軽に切り替え設定可能になった。この辺の度合いも楽しみ。

今までどおりにスタッフ右クリックからダイレクトに飛ぶこともできる。
しかし金ない我がチームには現時点でぜーんぜん有効活用できませんけどね(・ω・

ちなみに、レンタル移籍は移籍→フットボールディレクターの項目から前にアシスタントにやってもらってた要領で探してきてももらえそう。


・理事会。
予算余裕なし∈(・ω・)∋新規選手も雇えませんわ。
スタッフ枠枠空いてるスカウトとコーチングスタッフは1名づつ雇い入れることにする。























インターフェイス的には変化なし。

気付いたとこではこんなもん。
あと、世界タグのとこが整理されて、特に国際代表大会のが見やすい気がする。



実際のプレイでは、とりあえず選手スタッフ顔合わせ挨拶ほどほどに、いの一番に理事会にレンタル目的の提携クラブをおねだり。承認されたとこで今回はしめ。






0 件のコメント:

コメントを投稿